【お花見や宴会の余興ネタ】の紹介
【お酒をテーマにした小話】の紹介
【結婚式での余興ネタ】の紹介
【披露宴で歌う歌】の紹介

2008年02月02日

宴会の中心でねずみをかぶる!

宴会の中心で猫をかぶるのではありません。

ねずみをかぶりましょう。

今年の干支のねずみのコスチュームで宴会を盛り上がろう!

干支コスチュームは、年の始めの宴会で使えますね。

ねずみの登場でみんなのチューいを引くこと間違いなし。

宴会の幹事の目印にねずみの帽子をかぶるのも目だっていいですよ。

恥ずかしがらずに堂々とやるのがポイントです。








干支コスチュームの詳細はこちら>





結婚式の披露宴で歌うお勧めの曲 その1はこちら>



宴会などでおすすめのパーティーグッズはこちら>


テレビでのドランクドラゴンネタはこちら>

テレビでの桜塚やっくんのスケバン恐子ネタはこちら>

テレビでの摩村のネタはこちら>

テレビでのオリエンタルラジオのネタはこちら>

オリエンタルラジオ風の披露宴ネタはこちら>

スピードワゴン風のネタはこちら>

波田陽区風のネタはこちら>

レイザーラモンHG風のネタはこちら>


ブログランキングお笑いの人気blogランキングはこちら>













posted by お好みの笑い at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 余興の心がけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

三本ジメ!宴会の締めは楽しい手締めで

宴会もそろそろ終わり!という時に、

「それでは、最後にこの会の成功を祝って しめ ましょう!」

とか

「今後の皆さんの発展を願って 締め ましょう!」

といって、3本ジメをやることがありますね。


「ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃん!」
「ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃん!」
「ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃん!」

という手拍子を打つやつです。

これは、三三七拍子のリズム
「ちゃんちゃんちゃん、ちゃんちゃんちゃん、ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん!」

とは違うので、注意が必要です。


最近では、一本締めでいきましょう!といって、

「よーっ! ポン! ありがとうございました!」

で終わることもありますね。

これらは、正式には、手締めというそうです。

しかも一本締めという言い方は間違いで、一丁締め、あるいは関東一本締めという言い方が正しいのです。

一本締めをしましょうと言われたときに、
「ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃん!」
とやったらいいのか、
「よーっ! ポン! ありがとうございました!」
のどちらをやったらいいのか迷ってしまう人がいます。

面白い締めの方法として、一つ目上がりというのがあります。これは、最初は人差し指だけで一本締めをして、次に中指を加えて打ち、次は薬指を加え、小指を加え、最後にすべての指で打つ方法です。たくさんたたくので手が疲れてきますが、宴会の最後にやると盛り上がります。




ブログランキングお笑いの人気blogランキングはこちら>


posted by お好みの笑い at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余興の心がけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

結婚式の余興で理想の結婚相手を見つける方法・新郎新婦の友人と知り合う

結婚式の披露宴・・・それは、男女の出会いの場でもあります。
披露宴は、新郎の友人、新婦の友人が集う集会と考えてもいいでしょう。

そんな中での、結婚式の余興は、実はとってもいい自己アピールの舞台なのです。

一般的な披露宴では、新郎の友人と新婦の友人は、離れたテーブルに座っていることが多いと思います。
「新婦の友人、新郎の友人とお友達になりたい!」
と思っている人はどうしたらいいのでしょう?
そう、余興で目立ったところで、ビールを持ってお目当ての相手のテーブルに行くのが一番効果的ですよ。

まず、余興をやって目立ちましょう。
その後で相手のテーブルまで行くのです。

先ほど、余興をやっているので、
相手は自分のことを半分知っているのも同然です。
余興の話題が会話のきっかけになりますよ。

うまく、余興をやって、未来の結婚相手を見つけちゃいましょう。
「披露宴で拾う縁」です。

それでも...いい相手が見つからない場合は女性に人気急上昇!安心の結婚情報などを利用するのも一つの方法ですね。
結婚情報サービスからお見合いパーティーまで!安心・リーズナブル!です。
さらに、Yahoo!グループだから安心・確実なインターネット結婚情報!(ブライダルネット)なのです。




ブライダルネット(Yahoo!グループ)




サンマリエオンライン(独身証明書で安心!)




オーネット(60000人の正会員がいます)




ノッツェ(45000人の正会員の中からあなたの希望にあったお相手を無料検索)

ブログランキング
人気blogランキングのお笑い部門へ
posted by お好みの笑い at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余興の心がけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

結婚式での余興を頼まれた時に知っておくこと

結婚式での余興を頼まれたときに注意することを考えてみましょう。

新郎あるいは、新婦から直接余興を頼まれることが多いと思います。
たいていの場合、新郎か新婦のどちらかしか面識がないことが多いと思います。
最低でも、ご結婚相手のお名前ぐらいは正確に覚えておきましょう。

さて、結婚式の余興や友人代表のスピーチなどでのこばなしが有効であることは、
いままで述べていますが、こばなしを作る場合には、情報が多いほうが作りやすいですね。

そのため、二人のなれそめや、趣味やお仕事などは知っておいたほうがいいでしょう。
デートに良く行く場所とか、恋愛中のエピソードなども知っておくと、いいでしょう。
こうした事実を紹介しながら、こばなしをすると非常にスマートで知的な余興になります。

あなたの株もきっと上がることでしょう。

それから、ぜったいに触れてほしくないこと、例えば太っていること、目が悪いことなど、
こういうことはあらかじめ調査しておかないと、当日うっかりネタに使ってしまって、
新郎新婦を悲しませることになります。

ご親戚や会社の上司も列席されている場合が多いので、本人に恥をかかさないように、
十分気をつけてやりましょう。

ブログランキング
人気blogランキングへ
posted by お好みの笑い at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 余興の心がけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

どんな「こばなし」をすればいいの?

それでは、結婚式ではどんな小ばなしをすればいいのでしょうか?

新郎や新婦の失敗談はどうですか?

新郎の失敗談や、ゴシップ的な話は新郎の友人には受けるかもしれませんが、
新婦側や、親戚の人には嫌われます。
新婦のゴシップネタも同じです。

では、どんな小噺がいいのでしょうか?

結婚式という特殊な状況から、新郎新婦を徹底的に持ち上げたり、二人の愛の深さを強調してあげるようなものがいいでしょう。

・・・それってどんなもの?

そうおもわれることでしょう。

そこで、取り上げるのが、新郎新婦の名前を使った小咄なんてどうでしょうか?
新郎を知らない新婦側の出席者の人も新郎の名前ぐらいなら、案内状に書いてあって知っているでしょうし、新婦を知らない新郎側の出席者も新婦の名前なら知っているでしょう。

たとえば、「誠さん」と「和子さん」の結婚式だった場合に、次のようなこばなしをするのです。

・・・・・
本日は、誠さん、和子さんおめでとうございます。
和子さんは、小さいころから楽器を弾くのが好きだったそうです。
「ねえ、和子さん。」
「なあに、誠さん。」
「和子さんは、どんな楽器が好きなの?」
「私?そうねえ、日本風の楽器がすきなの。」
「へーえ、例えばどんな楽器がすきなの?」
「昔はいろいろあったけど、今はなんといっても、琴が好きよ。」
「それはどうして?」
「だって、誠さんと出会えたんだもの。まー琴が好きになったの。誠が好きになったのよ。

・・・・・

こんな感じのこばなしを3つ繰り返すと、会場の人もだんだん意味がわかってきて、
最後には、会場のみんなで落ちを合唱するぐらいに盛り上がることでしょう。



posted by お好みの笑い at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 余興の心がけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

結婚式の余興でのおすすめは

結婚式で余興を頼まれた場合、あなたなら何をしますか?

たいていの人は、歌を歌ったり、楽器を演奏したりすると思います。
あとは、新郎か新婦の思い出を面白く語ったりする人もいますね。

私のお勧めは・・・断然! 「こばなし」 です。
「こばなし」なんてできるわけないじゃない・・と思われている方も
多いとお思いますが、そんなことはありませんよ。

ちょっとしたコツがあれば誰でも簡単にできるのです。

現に、私は今まで沢山の結婚式で余興を頼まれましたが、
いつもこの方法で大成功しています。

今、お笑いブームの中。 この余興のテクニックをマスターして、
結婚式や宴会で披露してみてください。

拍手喝采のもと、あなたはヒーローになることでしょう。

posted by お好みの笑い at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 余興の心がけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。